統一教会【上級国民団体】

韓国

管理人コメント

正直言って朝鮮半島起源の薄気味悪いカルト団体で、一切関わりたくないし論評すらしたくありませんが、上級国民、とりわけ自民党議員への影響力を考えると、取り上げない訳には行きません。

統一教会は、80年代から90年代にかけて高額な壺を売りつける霊感商法を行って社会的に批判されましたが、近年はマスメディアで報道されることは稀となりました。
アイドル女優だった桜田淳子さんが合同結婚式に参加したことでも有名です。

「韓国は神に選ばれた選民の国で、日本は韓国を侵略したサタンの国」

「日本はエバ国家(妻)、韓国はアダム国家(夫)」

「日本と韓国の間にトンネルを作る」

などと日本人にとって理解不明な主張をしています。
朝鮮半島起源の宗教団体で、日本を極端に卑下することからネトウヨから毛嫌いされてもおかしくありませんが、ネトウヨや保守派言論人と称する人たちからの批判は稀です。

統一教会が四代名節と呼ぶ記念日には、早朝五時からの敬礼式があり、そこでは聖壇に座った『文氏』とその家族に対し、統一教会の主要幹部が三拝の拝礼を行う。場所はだいたい『文氏』の私邸であるアメリカ・ニューヨーク州のイーストガーデンである。その際、天皇陛下をはじめ、レーガン大統領、全斗煥大統領ほか主要国の元首の身代わりを、それぞれの国の教会幹部が担当し、文教祖一族に拝跪して全世界の主権者が文教祖に拝礼したという儀式を行うのである。日本の天皇陛下の身代わりを演ずるのは、日本統一教会会長の久保木氏なのである。何とも奇妙で、そして国民の象徴として天皇を上にいただく日本国民としては見逃せない情景ではないか

「これが 「統一教会」の秘部だ」 文藝春秋1984年7月号)より

まともな右翼、保守派なら怒りしか感じないはずですが、何故彼らは怒らないのでしょうか?
事実関係は不明な部分もありますが、次のような噂がネット上で散見されています。

・冷戦時代自民党とは反共という立場から共闘してきて、その縁がまだ残っている。

・保守系政治家の事務所には統一教会出身の秘書が少なくない。

・安倍政権の支持母体である日本会議には統一教会出身者が大量に潜り込んでいる。

・安倍晋三氏の父親の晋太郎氏は統一教会と蜜月関係にあった。安倍晋三氏自身も統一教会系の団体の集会に祝電を送っている。

・ネトサポ(自民党ネットサポーターズクラブ)を作り出した世耕経産相は、早稲田大学の学生時代に原理研に所属していた。

・ネトサポには統一教会の信者が多く含まれている。

・保守派の言論人の中には統一協会系の団体が主催する講演会やメディアの仕事を喜んで受けている者もいる。そのため統一教会批判は行わない。

・ネトウヨは大抵知能が高くなく、ネトサポの言論をそのまま受け入れて垂れ流すので、統一教会批判は行わない。

韓国起源で日本を否定する教義を持つ宗教団体が日本の政治や言論に影響力を持っていること、日頃は韓国を罵倒する「保守」「愛国者」を自称する人がこのことをおかしいと声を上げない事実は日本の病巣と言えるでしょう。

歴史・業績

統一教会の歴史を記載します。

1959年10月 日本統一教会を立ち上げ
1965年7月7日 朝日新聞「親泣かせの原理運動」報道
1980年代 霊感商法が社会問題化
1987年 赤報隊事件「とういつきょうかいの わるくちをいうやつは みなごろしだ」(※「統一教会」との関係は不明。未解決事件)
1992年 桜田淳子、合同結婚式出席を表明
2006年5月 「天宙平和連合(UPF)‐祖国郷土還元日本大会」へ、現役閣僚をはじめ多数の政治家が祝電を送る
2009年 霊感商法で初の懲役判決となった「新世」事件では、教団本部への捜索を阻止するために複数の自民党議員が司法当局に圧力
2010年5月、 山谷えり子への支援、有田芳生への落選運動を通達する教団の内部文書が流出

関係住所

朝鮮半島のどこか

ページ上部へ戻る