「上級国民は逮捕されない」事例まとめ

手錠

上級国民はどんなに悪いことをしても逮捕されません。これは厳然たる事実です。
事例を挙げていきましょう。

元通産省官僚、元工業技術院長、クボタ常務取締役飯塚幸三氏はプリウスで幼い子供と母親を轢き殺しても逮捕されていません。

事故は19日午後0時25分ごろ発生。豊島区東池袋4丁目の都道で、板橋区弥生町の無職飯塚幸三さん(87)が運転する乗用車が交差点に進入し、歩行者らを次々にはねた。自転車で横断歩道を渡っていた豊島区東池袋2丁目の無職松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡。ほかに6人が重軽傷を負った。飯塚さんと、同乗していた80代の妻も骨折するなどして入院した。

 朝日新聞 2019年4月20日10時43分 

この事件では、容疑者呼ばわりせず、容疑者に「さん」付けをするマスコミが続出する始末です。呆れてものが言えません。
マスコミは何を恐れ何を忖度しているのでしょうか?

朝日新聞:実名+「さん」付け
読売新聞:実名+肩書き(元院長)
毎日新聞:実名+「さん」付け
産経新聞:男性
NHK:実名+肩書き(元院長)
共同通信:男性、実名+「さん」付け
時事通信:男性

2019年4月20日 ハフポスト日本版調より

元特捜部長の石川達紘弁護士は、レクサスで男性を轢き殺して容疑を否認しても逮捕されません。

最近も元検察幹部に対するありえない処遇が明らかになった。相手を死亡させる交通事故を起こし、容疑を否認したにもかかわらず、逮捕されないまま、10カ月後になってようやく書類送検されるという結果に終わったのだ。

 この元検察幹部とは、東京地検検事正、名古屋高検検事長などを歴任した石川達紘弁護士。しかも、石川氏はたんに検察幹部だったというだけではない。かの「ロッキード事件」の捜査に関わり、1989年に東京地検特捜部長に就任。以降、検察幹部として「東京佐川急便事件」で金丸信・自民党副総裁や、「ゼネコン汚職事件」で中村喜四郎元建設相の逮捕に関わったほか、野村証券などの「四大証券事件」では次々と社長、会長の身柄を取り、「大蔵省接待汚職」に至っては新井将敬衆院議員の逮捕許諾請求を国会の場でやってのけた(新井議員は直後に自殺)。事ほどさように「逮捕」にこだわり、名実ともに“特捜検察の鬼”の名をとどろかせた人物でもある。

 問題の事故は、東京都港区白金で2月に起きた。トヨタの高級車「レクサス」を運転していた石川氏は道路の路肩でいったん停車し、知人を乗せようとした際に急発進して暴走。歩道を歩いていた37歳の男性をはねて死亡させ、さらに道路脇の金物店に突っ込んで建物の柱やシャッターなどをめちゃくちゃに壊す大事故を起こした。

検察OBは人を轢き殺し容疑を否認しても逮捕されないのか? ゴーンと対照的な“元特捜部長”への処分 2018.12.27 LITERA/リテラ

福田康夫の甥でゴールドマン・サックス社員と結婚した政治家の娘の女子アナは、看護師を轢き殺しても逮捕されません。

千野アナは2日午後5時ごろ、静岡県沼津市のホテル駐車場で乗用車を発車後に右折した際、歩いていた長野県小諸市の荻原俊文さん(38)に接触し、体に乗り上げたとみられる。荻原さんは胸部や腹部を強く打ち、圧迫され、搬送先の病院で死亡した。千野アナ自身が110番通報した。現場となったビジネスホテルは東名高速沼津インターにほど近く、同市内の千野アナの実家からも車で5分ほどの場所にある。

 沼津署の捜査関係者や地元関係者らの話を総合すると、1日から家族で帰省していた千野アナは事故当時、車に夫と子供を乗せており、実家ではなくこのホテルに家族で宿泊していたものとみられる。千野アナは4日朝時点で逮捕はされておらず、同署に身柄も拘束されていない。千野アナはフジテレビ在職中は「チノパン」の愛称で親しまれた。2006年に福田康夫元首相のおいにあたる外資系証券マンと結婚し、フジテレビを退社し、フリーになった。08年に双子の男児、09年には女児を出産した。自身の父は沼津市議を務めている。

千野アナなぜ逮捕されないのか 東スポWEB

他にも総理大臣と近い元TBSの記者が、女性からレイプされたと告発されていても逮捕されないなど一般国民なら逮捕されているのに、上級国民が逮捕されていない事例を山程あります。
他国なら一般国民の怒りにより、上級国民一味は血祭りに上げられているでしょう。
国民がなぜ怒らないのか私には理解できません。
ネトウヨは「民度が低い韓国や中国とは違う」と主張するのかもしれませんが、社会の不公正を容認する「民度」など何の価値もありません。
「日本人は民度が高い」という主張は、支配者への臆病さを隠すための醜い虚栄心の作り上げた幻想でしょう。

※「逮捕は有罪ではない。逃亡や証拠隠滅の恐れがないので、逮捕されないのだ」としたり顔で解説する自称専門家がいますが、日本では「逮捕=有罪=社会的抹殺」であることを知っているにもかかわらず、主張するのは悪質極まりないです。

ページ上部へ戻る