日本経済団体連合会(経団連)【上級国民団体】

金

管理人コメント

移民推進を主張することからまともな右翼からも嫌われ、労働者に厳しいことからまともな左翼にも嫌われているにもかかわらず、政治に絶大な影響力を及ぼしている団体です。
一つ問いたいのは、2000年代以降この団体の主張通りの政策が自民党政権で実行されてきましたが、その政策であなたは経済的に豊かになりましたか?

歴代会長

初代 奥田碩 トヨタ自動車 2002年5月~2006年5月
2代 御手洗冨士夫 キヤノン 2006年5月~2010年5月
3代 米倉弘昌 住友化学 2010年5月~2014年6月
4代 榊原定征 東レ 2014年6月〜2018年5月
5代 中西宏明 日立製作所 2018年5月〜

歴史・業績

  • 1977年 民族派の立てこもり事件発生
  • 2005年 「三菱重工」と「新日本製鐵(新日鉄)」が橋梁談合事件で起訴処分
  • 2008年 爆破予告電話
  • 2009年 8つの労働組合が会長・御手洗あての公開質問状を経団連側に提出したが、「アポイントがない」として受け取りを拒否
  • 2011年 中国のGDP、日本抜き世界2位になる。日本は42年ぶりに転落。
  • 2015年 「株式会社 東芝」粉飾決算
  • 2016年 「シャープ株式会社」 鴻海精密工業の傘下に
  • 2017年 企業の内部留保、過去最高406兆円
  • 2017年 「株式会社神戸製鋼所」アルミ製品データ改ざん発覚(三菱マテリアル 東レで同様の不正相次ぐ)
  • 2017年 Samsungが世界最大の半導体メーカーに、半導体部門で7兆円超の過去最高売上を記録
  • 2018年 鴻海精密工業の傘下「シャープ株式会社」、10年ぶり全四半期最終黒字を達成
  • 2018年 報酬1億円以上の役員にいる企業、240社・538人と過去最高

※「痛みを伴う改革」により、大企業の役員報酬、内部留保が大幅に増えたようです。にもかかわらず日本の旧来の大企業の国際競争力が低下しているようです。
シャープは外資系になったとたんにV字回復。
日本の大企業の経営者ってひょっとして、国際基準で見たら「無能」なんですか?
「無能」なのに役員報酬増やしているのでしょうか?

主張

  • (政治をコントロールしたいから)政治献金させろ
  • (役員報酬の取り分を増やしたいので)法人税減税しろ
  • (消費者の負担は関係ないから)消費税増税しろ
  • (日本人の賃金を上げたくないから)非正規雇用を拡大しろ
  • (日本人の賃金を上げたくないから)移民をもっと入れろ

発言

「人間の国際化をしない限り日本の将来はおかしくなる。第二の大和民族を作ってもよいから、若い外国人に日本にもっと来てもらい、少子化を食い止めることに取り組むべきだ」奥田碩 2010年

「日本に忠誠を誓う外国からの移住者をどんどん奨励すべきだ」米倉弘昌 2010年

「2015年10月に予定する消費税率10%への引き上げは、計画通りの増税が可能」榊原定征 2014年

「痛みを伴う改革も推進してほしい」榊原定征 2017年

「(外国人受け入れについて)もっとダイバーシティに向かった社会になっていくべきだというのが私の大前提。産業の競争力も研究、学問含めて、ダイバーシティは必須」中西宏明 2018年

※どうも経団連の関係者は外国人が大好きのようですね。是非外国人とともに生活して「ダイバシティに満ちた社会」やら「第二の大和民族作り」にいそしんで欲しいものです。

「ダイバーシティに満ちた社会」の一例。

2013年3月14日、遼寧省大連市出身の中国人研修生(以下、研修生)が工場の従業員を襲撃、工場の男性経営者社長(以下、経営者)と女性従業員の2名が死亡、工場の従業員合わせて6名が重軽傷(6名のうち1名は2013年3月14日報道によると重体)を負った。研修生は現場にて現行犯逮捕された。経営者は胸などに多発刺傷、多発外傷があり、スコップで頭を何回も殴られ殺害、女性従業員はスコップで頭を殴られて殺害された。 江田島中国人研修生8人殺傷事件 wikipedia

~番外編~

「当社では、30代後半から40代前半の層が薄くなっています。2000年前後に「構造改革」で採用を極端に減らしたためです。その世代が中間管理職として一番パワーをもたないといけない時代にさしかかってきました。キャリア採用もしていますが、なかなか人が集まりません。」旭化成という会社の小堀秀毅 2017年

※案の定氷河期世代から怨嗟の声が・・・。企業が人手不足で苦しむのは「自業自得」、「自己責任」とのことです。この言葉、2000年代前半にさんざん求職者に投げつけてきましたね。

関係住所

日本経済団体連合会
東京都千代田区大手町一丁目3番2号 経団連会館

ページ上部へ戻る