「上級国民を一括りにするな」という主張は正しいのか?

金

「上級国民にも良い人もいるし、悪い人もいる」、「上級国民内部にも様々なグループがあり、いっしょくたにする議論は乱暴である」という主張が見られます。
一見正当に見えますが、上級国民自体への批判をかわそうとする狙いが見て取れます。
そして、次の点でこれらの主張は誤りであり、取り合うべきではないと考えます。

(1)「上級国民問題」とは、特権的地位を持つ集団が自分たちの利益のためにそれ以外の一般国民を搾取していることである。

(2)(1)の問題と、上級国民内部に対立があることも、個人の価値観も関係ないことである。

(3)そもそも上級国民同士は閨閥(婚姻関係で結びつき、実力以上の力を持つ、血族関係)を形成している。

※日本の歴代首相の家系図を見たら一目瞭然でしょう。

安倍晋三家系図
https://episode.kingendaikeizu.net/7.htm

小泉純一郎家系図
https://episode.kingendaikeizu.net/27.htm

麻生太郎家系図
https://kingendaikeizu.net/seizi/asou.htm

(4)仮に一括りにしなかったとしても、(1)の問題は解決しない。上級国民に無慈悲に搾取されているなら上級国民に同情する程慈悲深くなる必要はない。
上級国民の不幸に一滴の涙も流す必要はない。

ページ上部へ戻る